首都圏における「中古マンション」の価格動向 ~2022年5月編~

〈調査データ〉
不動産ポータルサイトアットホームに公開された新築戸建の価格動向についてアットホームが公表するものです。
※「アットホーム調べ」に基づく

〈対象エリア〉
東京都(23 区/都下)、神奈川県(横浜市・川崎市/他)、埼玉県(さいたま市/他)、千葉県(西部※/他)
※千葉県西部:柏市、松戸市、流山市、我孫子市、市川市、浦安市、習志野市、船橋市

〈定義〉
本調査では、上記対象データの「登録価格」を「価格」と表記しています。また、30 ㎡以下を「シングル向き」、30 ㎡~50 ㎡以下を「カップル向き」、50 ㎡~70 ㎡以下を
「ファミリー向き」、70 ㎡超を「大型ファミリー向き」としています。

首都圏 8 エリアの平均価格(前年同月比・指数の推移)

首都圏の 1 戸あたり平均価格は、11 カ月連続して全 8 エリアで前年同月超えとなった。神奈川県他が唯一前月比下落したが、他 7 エリアは上昇。東京都下は初めて 3000 万円を超えた。なお、平均価格指数は、さいたま市・埼玉県他が 130 超と高く、ともに 2017 年 1 月以降の最高値を 11 カ月連続で更新している。

東京都(23 区/都下)

23 区の 1 戸あたり平均価格は 4,707 万円で前月比+0.7%と上昇し、2017 年 1 月以降最高額を更新した。また、前年同月超えは 24 カ月連続となり、全ての面積・築年帯の平均価格が前年同月を上回った。都下の1戸あたり平均価格は前月比+0.9%と上昇し 3,014 万円と、初の 3,000 万円台となった。また、前年同月超えは 11 カ月連続となり、6 カ月連続で 2 桁台の上昇率となっている。

神奈川県(横浜市・川崎市/他)

横浜市・川崎市の 1 戸あたり平均価格は 3,167 万円で前月比+1.2%と上昇し、2017 年 1 月以降最高額を更新した。また、前年同月超えは 13 カ月連続となり、築10年以内のカップル向きを除き、全ての面積・築年帯の平均価格が前年同月を上回った。
神奈川県他の 1 戸あたり平均価格は 2,374 万円で前月比-0.8%と 8 カ月ぶりに下落した。一方、前年同月超えは 17 カ月連続となり、7 カ月連続で2桁台の上昇率となっている。

埼玉県(さいたま市/他)

さいたま市の 1 戸あたり平均価格は 3,364 万円で前月比+1.9%と上昇し、2017 年 1 月以降最高額を 11 カ月連続で更新した。また、前年同月比は+21.1%と大幅に上昇したが、これは物件数割合が高いファミリー向き・大型ファミリー向きにおいて、40%を超える上昇率となった築年帯が目立つなど、平均価格が前年同月を大きく上回ったことが要因となっている。埼玉県他の 1 戸あたり平均価格は 2,451 万円で前月比+0.5%と上昇し、2017 年 1 月以降最高額を 11 カ月連続で更新した。また前年同月超えは 21 カ月連続となっている。

千葉県(西部/他)

西部の 1 戸あたり平均価格は 2,638 万円で前月比+2.4%と上昇し、2017 年 1 月以降最高額を 4 カ月連続で更新した。また、前年同月比は+13.7%と上昇したが、これは物件数割合 5%以上の全ての面積・築年帯で平均価格が上昇したことが要因となっている。
千葉県他の 1 戸あたり平均価格は 1,855 万円で前月比+1.1%と上昇し、2017 年 1 月以降最高額を 2 カ月連続で更新した。また、前年同月比は+7.8%と上昇し、44 カ月連続の前年同月超えとなっている。

考察

5月についても首都圏中古マンションの価格は、11ヶ月連続して全8エリアで前年同月を上回り上昇しております。この上昇は、しばらく続くのではないかと推測します。なぜかというと、新築住宅の価格はマクロ的な労働人口の減少による人件費の上昇、ウッドショックなどの資材高を背景に高騰を続けております。一方で、購入者の年収は伸びず購入価格との乖離が開くことで新築マンションの購入層が減り、中古マンションへとシフトすると考えます。つまり、中古マンションの需要増が予想され中古マンションの価格は上昇し続けるのではないかと考えます。