リノベーション済みマンション購入のメリット・デメリット

江東区・墨田区で活動する『不動産の教科書』WING LEAP HOUSE 東京本社です。

江東区・墨田区で活動する『不動産の教科書』WING LEAP HOUSE 東京本社では、不動産の購入前に知っておくべき知識・情報を随時配信していきたいと思います。
記事を参考に皆様が失敗しない不動産購入ができるよう願っております。

今回は「リノベーション済みマンション購入のメリット・デメリット」についてです。

マンション購入の選択肢として、リノベーション済みマンションという選択肢があります。中古マンションでも内装や間取りに大規模な工事を施しており、新築のように綺麗で理想通りの物件が比較的安く手に入るということで魅力があります。都市部を中心に新築マンションの価格が高騰していることから、リノベーション済みの中古マンションを探されているかたも多いのではないでしょうか。今回の記事ではマンション購入を考えている方へ、リノベーション済みマンションのメリット・デメリットについて紹介していきます。購入前の参考に最後まで読んで頂ければと思います。。。

◆「リノベーション済み物件」ってなに?

「リノベーション済み物件」とは、前入居者が退去後にリノベーションを行った物件や、不動産会社がマンションの一室を買い取ってリノベーションを施したあとに販売している物件をいいます。リノベーションの規模は物件によって様々ですが、古くなった部分(洗面や浴室・トイレなどの水回りや、壁紙など)を新しくした物件や内装をすべて解体して一から作り直すフルリノベーションまで、各々マンションによって異なります。

◆リノベーション済み物件のメリット

①自分でリフォームする手間が必要ない
⇒通常、中古マンションを購入してリフォームを行う必要があります。リフォームを依頼するには、まずはリフォーム会社を探して、いくつかの会社から見積もりをとり、依頼する会社を決めることが必要です。そしてリフォームプランの打ち合わせを行い、プランが確定して契約を結ぶと工事が始まるという流れになるため、多少手間がかかります。リノベーション済みマンションなら、こうした手間が省けます。

②即入居できる
⇒中古物件を買ってリノベーションをする場合、物件を決めてから、リノベーションの設計の打ち合わせに2~3カ月、工事で1~2カ月ほど時間が必要で、家を探し始めてから引っ越しまでにトータルで半年ほどかかる可能性があります。ですがリノベーション済みの物件ならば、物件を購入してすぐ引っ越すことができます。

③内装が新築同様
⇒リノベーション済みマンションは、専有部分の内装や設備が一新されているケースがほとんどです。壁紙やフローリングなどの内装の壁や床、天井の仕上げ材が張り替えられ、キッチンやユニットバス、トイレ、洗面台などの設備も新しいものが設置されています。リノベーション済みマンションは、新築同様の美しい状態の部屋に住むことが出来ます。

④新築マンション購入より安い
⇒リノベーション済みマンションなら、リノベーションを行った費用を含んだ価格で販売されているため、価格が明確で新築マンションを購入するよりも費用が抑えられます。

⑤瑕疵担保責任が最低2年ある
⇒瑕疵担保責任とは、通常の注意では買主が気づかない隠れた瑕疵が建物にあった場合、売主が損害賠償などの責任を負うことをいいます。中古マンションは個人が売主のことが多く、特約で引き渡しから3ヶ月間とされることが多く、築古物件では瑕疵担保責任を免責するケースもあります。しかし、宅地建物取引業法によって、売主が宅地建物取引業者(不動産会社)の場合は、2年以上の瑕疵担保責任を負うことが義務付けられています。リノベーション済みマンションの多くは売主が不動産会社であるため、瑕疵担保責任が最低2年あるので安心です。

◆リノベーション済み物件のデメリット

①希望の間取りではない場合がある
⇒リノベーション済みマンションはリノベーションが完了した状態で内覧を行い、購入を検討することになるため、間取りを好きなように決められないことができません。希望する間取りと異なる可能性があります。

②見えない部分の老朽化に気が付かない場合がある
⇒リフォーム済み物件は、見た目が新築同様になっている一方で、築年数が経っていると、内部の柱や梁に劣化が見られ、リフォーム済みの中古物件では、壁の中や表装材の裏の柱など、見えない部分の確認が難しいため、建物の躯体部分の老朽化に気が付かない場合があることに注意が必要です。

◆リノベーション済みマンション購入時の確認事項

・アフターサービス・設備の保証があるかどうか確認する
⇒不動産会社によっては、リノベーション済みマンション保証をつけており、部位ごとの保証期間が決められています。いつまで、どの部位に対しての保証が受けられるのかを確認しましょう。また、不具合が生じたときの窓口など、アフターサービス体制についても確認しておくことが大切です。

・リノベーションした部分を確認する
⇒見た目はきれいな状態であっても、下地や配管は交換していない可能性もあります。そのため、リノベーション済みマンションを選ぶときは、リノベーションした部分を不動産会社へ確認することをおススメします。

◆最後に、、、

リノベーション済みマンションは、中古物件の安さと新築のような綺麗さを両立できるお買い得な物件ですが、あくまで中古物件であるため、メリットだけでなくデメリットもあります。見た目だけで判断して購入を決めてしまうと、工事の品質の面などでトラブルになる可能性もあります。購入前の確認事項についてしっかりと不動産会社へ相談して購入判断をしましょう!!

『不動産の教科書』のWING LEAP HOUSE 東京本社では物件購入にあたってのリスク(問題点)を理解してもらうため、失敗しない住宅購入のために、活動しております。
不動産購入でお困りの方、相談がある方は、江東区・墨田区の不動産購入専門会社のWING LEAP HOUSE 東京本社へお気軽にご相談ください。